がん保険を検討する時の注意点

がん保険には注意するべき項目がたくさんあり、各項目をよく理解した上で保険料を考えてから納得する必要があります。まず最初に注目したいのが対応しているがんの種類です。

がん保険によってはかなり細かく種類によって給付金が違う場合があります。もちろんこれはそのがんになる確率を考慮して設定されているのでしょうが、いざ使う時にそのがんは対象外なんて事のないように、なるべく幅広く対象としているものが良いでしょう。

次に気になるのががんと診断された時に給付される金額です。保険料により数十万から数百万円等の幅はありますが、がんによって収入が減る可能性も考えると最初に数百万円程度あると安心だと思います。他には入院給付金や手術給付金の条件ががん保険によって様々になっています。がんの入院は案外短い事も多く、できれば1日目から給付されるタイプが良いといえますが給付金自体は一万円以下程度でも問題ないでしょう。

手術給付金についても何度も手術する事は稀ですし、高額医療控除で月あたりの上限もあるのでそれほど高いものである必要はないといえます。以上の事からがん保険を選ぶ上で重視したいのはがんの対象が広くて最初に大きな給付金がでるタイプが良いといえます。