がん保険に加入する際の確認ポイント

がんは今や二人に一人がかかる病気と言われておりがん保険を検討する人も多いでしょう。がん保険に加入する場合、取扱う保険会社によりメニューやプラン、保険料など様々あり選ぶことは容易ではありません。

選ぶにはいくつかのポイントがあります。まずはがん診断給付金の支給回数です。一度目にがんの診断があった際は受け取れる保険会社がほとんどですががんは一度治しても再発することは珍しくありません。心配な方は再発時にも受け取れる会社を選んだ方が良いでしょう。出来れば複数回のがんの再発にも対応できると更に良いですね。

がんには悪性新生物と上皮内新生物の二種類あります。基本的に悪性新生物の場合には満額受け取ることが出来ますが上皮内新生物の場合には給付金の減額や給付対象外になる可能性があるため確認すべき箇所です。次に通院給付金の金額です。今やがん治療は入院よりも通院治療がオーソドックスになっています。通院であれ長期に渡る場合には負担は軽くはありませんので確認するようにしましょう。

入院給付金についても同様です。保険によっては入院後7日目から支給などの条件があるケースもあるためできれば入院した日から支給されるがん保険を選びましょう。最後にがんの治療には保険対象外の先進医療を受けることができます。受ける場合には自費になり負担も大きいため特約として付与することをお勧めします。保険料も特約のため手頃な料金設定になっています。